​寒い室内が人の身体に及ぼす影響とは?
​急に寒いところに移動した人の体は・・・

エアコンを使ってもなかなか部屋が快適温度にならない。

冬のお風呂に入るのが寒すぎて面倒になる。

洗面所やトイレなどの水まわりが寒い。

​リビングに限らず、寝室などにも一年中エアコンを使っている。

​A. この問題は、日本の気候風土に原因があります。

この18℃空間は、その土地の気候風土や人の動き・周辺環境に合わせながらも、

自然素材の力や空間を考慮した建物への設計です。

エアコン時間の稼働がすくなくなるので、自然と省エネルギーや電気料金の節約につながります。

暖差リスクを少ない室内空間は、住まいの空間をふんわりとベールを纏ったような心地にさせてくれる

暑さ寒さをやんわりとそれは人のための優しさ溢れる空間です。

冬と夏では、同じ温度でも感じ方に差がありますが、冬のじんわりしたぬくもり。夏の木陰の下にいる心地よさ。を、18℃空間の中でイメージしています。

冬場によく耳にする言葉で、ヒートショック現象というのものがあります。これは、『急激な温度変化により身体が受ける影響のこと』を言います。正式な医学用語ではなく、建築や暖房機メーカーの『暖差リスク』のことを指しています。

身体が温度変化にさらされて血圧が急変するため、脳卒中心筋梗塞などを引き起こすおそれがある。そうしたヒートショックの要因となる住環境のリスクを「暖差リスク」と呼び、特に冬は住宅内の温度差が大きくなるため、注意が必要である[1]。日本人にとって入浴は重要な生活習慣ですが、冬の寒い時期のバスルームで事故が起こり増えています。この状況を受け、多くのメディアで、入浴時に十分な安全対策をとるようヒートショックについての注意と対策が呼びかけられています。

この急な温度差のない快適空間をmayaの家は目指しています。人と地球環境を優しい適度な室温環境維持ができる家づくりが理想ですね。

 

maya家は、18空間で実現しています

50 years of maya

mayaの快適空間

冬にエアコンをつけても、部屋全体が冷えてしまっているので、すぐには暖まらないというのはこのためです。そのうえ暖かい空気は上昇しますので、足元は常に寒い状態になります。リビングなどの居間には、エアコンや暖房器具が設置しますが、廊下や浴室、洗面所、寝室などの人がいない場所は寒い気温の影響を受けやすく人の体にとって、とても厳しい過酷な状況になります。

提案するmayaの家づくりの室内空間

断熱材に羊毛を採用した例

日本の家は、冬寒く、夏暑い。

「mayaの家づくり」は、より人に優しい住まいを提案するため、どのような手間も惜しみません。納得のいくまで自らの足で手にした素材とインスピレーションを大切に持ち帰ります。そうして丁寧に造り上げられる住まいの美しさを確信しているからです。「なににも染まらない本質が追求された本物の住まい」をテーマに、さらに豊かに美しく進化を続け普遍的な住まいを表現しています。凛とした気品、媚びない艶やかさ、洗練された上質さを提案します。mayaの家づくりでは、国産の建材を中心に、独自素材を取り入れ、上質でこだわりを持ってつくられています。mayaの家づくりのキーである木材は「50年を彩る」という考えのもと職掌と上質な自然素材を用い評定グラフィカルにデザインされています。

 

人間の体内の血管は、収縮させたり血流量を増やしたりして生理的に温度調整をおこなうようにできています。この血管が温度変化などによるストレスで収縮してしまうと、血管が収縮して血栓がつくられ血管が詰まったり膨張したりして体に負荷がかかります。ふと、暖かい部屋からまだ冷えきったバスルームやトイレなど温度差の大きいところへ移動すると、身体が温度変化にさらされ血圧が急変するため突然死などのリスクにつながり、心筋梗塞・脳梗塞・失神などの原因となる血管の収縮が体の中で起こります。血管が収縮するだけでは直接の死因とならないため、はっきりしたデータが挙げにくいという点がありますが、急激な温度差のあるトイレや浴室での事故が多いということからも人の体に悪い影響及ぼしかねない現象といえるでしょう。

mayaの家は、50year of maya。(これは、50年を超える家づくりを意味します。)日本建築の歴史を感じる強く柔らかい構造を持ち、持つ家です。mayaの家は、基本的に自然素材でを採用し地球環境に優しいので、とても暮らしやすいと高いご満足をいただています。アーキテクトがこだわり追求してきたのつまり丹精込めて丁寧に人の手で創られたものと言いかえることもできるのではないでしょうか。mayaの家づくりでを目指しているものも、まさにオーガニックです。
木の家や自然素材の家とは一線を画す、オーガニックとは、殺虫剤などの農薬や化学肥料を使わないで
有機栽培で育つもののこと。

​一般的に言われる「木の家」「自然素材」とは違う、

家づくりをするなら、
省エネルギーで快適性の高い空間が理想です。

​こんなことありませんか。

冬場の温度差のある寒い室内というのは、

身体に大きな負担がかかります。