ヒートショックが及ぼす深刻な身体変化

50 years of maya

人間の体内血管は、収縮させたり血流量を増やしたりして生理的に温度変化をおこなうようにできています、この血管が温度変化などによるストレスで収縮してしまうと、血管が収縮して血栓がつくられ血管が詰まったり膨張したりし

て体に負荷がかかります。ふと、暖かい部屋からまだ冷えきったバスルームやトイレなど温度差の大きいところへ移動すると、身体が温度変化にさらされ血圧が急変するため突然死などのリスクにつながり、心筋梗塞・脳梗塞・失神などの原因となる血管の収縮が体の中で起こります。

 

急激な温度差のあるトイレや浴室での事故が多いということからも人の体に悪い影響及ぼしかねない要因となる現象といえるでしょう。

Q. ヒートショックにならない家づくりとは。