設計趣旨

故郷に建つ家づくり

 

転勤族だった親の終の 棲家を親夫婦で 造り暮す結の家。幼い子供に夢を託せる温かい家。家族で選んだ土地は、茨城の古賀になります。少し南下すると埼玉の幸手というところがあります。そこは娘夫婦のご主人の生まれ故郷。 県は跨ぎますが、親の生まれ故郷に近いこの土地は 子供にとっても 愛着のわくところとなるでしょう。核家族化した 昨今の 世情の なか、故郷に 建つ住まいとは何か。家族が家族として楽しく暮らせる空間を考えてみました。今回の設計は、宅地造成された土地に建つ家なりますが関東の中央に位置し、室町時代の城下町として栄えた古河にその歴史を考え、あえて新しきふるさとづくりとし、故故郷に建つ家づくりをテーマに設計しました。

杣の家

2014.11月完成 

さいたま市 

木造二階建・小屋裏 

延床面積 116.41㎡(35.21坪)

雨垂れ
雨垂れ

雨垂れ
雨垂れ

1/1