美しい庭園と大屋根のある家

大宮に近い七里と呼ばれる七つの村が集合し街を形成した平坦な敷地の住宅街。窓からの美しく景観が望める庭園と、威風堂々と呼べる深い軒をもつ大屋根が存在します。建築とは、建物と空間がつくられるの意味することではなく、Architectの広い概念と創意が必要とされます。暮らしのある住居であれば「豊かさや温も り、心地よさ」までどう設計するかというところがテーマ。言いかえれば、目に見えず触ることも測り知る事もできない「豊かさや温もり」をどう設計するかが テーマ。暮らす人々の日常があり、建築は「住居」となるのです。作品の外観には、深いが軒よく設けられます。それは、とても深みを感じることのできる美しい外観ですが、見た目をつくるためのものではありません。「木陰 の下で寛ぐ気持ちよさ」つまり外と内を結ぶ、ゆったりと寛ぐ時の空間の実現。人と住まいがどんな付き合い方をするかと考え導きだされた設計のひとつです。

詳細情報

竣工             2015年3月

所在       埼玉県見沼区  個人邸 

規模          2F建/テラス

構造             木造

延床面積     119.01㎡ 

施主の要望

​ー

大宮七里 園の家  

用語

➡︎2世代同居

➡︎ 健康素材

➡︎ 和風モダン

式台のある玄関 

➡︎ テラスのある空間

➡︎ 庭園ある空間

➡︎ 天井高のある空間

tsurusaki Architecture Design Co., Ltd.
Facade
Facade

1st Floor
1st Floor

天井高のあるラウンジ&ダイニングキッチンです。

2nd Floor
2nd Floor

Facade
Facade

1/7