エネルギーを活かす

50 years of maya

日本の建築技術は、先人の知恵や研鑽に培いより美しい建築へ進化をとげながら職人から職人へと伝承されてきました。工業生産品がすべて悪いということではありませんが、この家づくりを工業製品のように大量生産と組み合わせ可能なものだと思うと少し無理があるように思います。素材だけを活かしきる技術により、強く優しい感じることのできる美しい建築と言えるのです。

 

心地よくて、環境にも、身体にもよいmayaの住まいは、心から豊かに感じられる家づくり願ってやみません。まず、自分のために。そして、未来のために。mayaの家の匠の技術を体感してみてください。

mayaの家では、新伝統構法という大工の技によって組み立てる構法を採用し家づくりをおこなっています。これは、日本建築に古くから伝わる木と木を組み合わせて造る技の家づくりです。接着剤や金物を用いて固定するのではなく、木材を加工して組み合わせていき家の骨格をつくっていく、昔ながらの大工が家を造りだす方法です。

この構法は、いかにしたら地震や台風などの気候風土に耐え得ることのできる家づくりができるのかを目指した大工の知恵と研鑽が伝承されてきた日本の風土に適した強い家づくりです。これは、世界に類を見ない日本の建築芸術といっても過言でない美しさ強さが大工技術がよって継承されてきたものです。

素材だけでは、どうにもならない。職人の高い技術力があってこその家づくりなのです。素材に秘められた力や備わったエネルギーを活かすのができるのはこの匠の力なのです。

mayaの匠。

大工伝承の技 Read More >
鳶の家づくり Read More >
匠の技 Read More >
瓦職人 Read More >
左官の技と心 Read More >