珪藻土のメンテナンス

50 years of maya

​珪藻土は、ボロボロするからお掃除が大変という方もいらっしゃいます。これは、ボロボロしない珪藻土を選べば良かったのですが、珪藻土の穴を塞ぐような固め方をした珪藻土塗り壁だと、ボロボロしないとしても、調湿性能を期待することはできないかも知れません。選び方に注意が必要です。

 

何かをぶつけて、欠けたり、割れたりした場合は別ですが、酷い汚れをつけた場合もちょっとこすった程度は取れません。その場合は、やすりなどで削り落とすか、車の傷補修のようなタッチアップをします。同じ色の珪藻土塗り壁を筆先や、ハケ、コテ等を使って目立たなく塗り重ねていくことです。

 

メンテナンス最終段階は、珪藻土塗り壁の塗り替えです。大きく汚れてしまったケースやイメージ変えたいといった場合が考えられます。塗り替えは、DIYで自分でおこなうこともできますが、仕上がりの美しさを求めるのであれば、左官職人に依頼された方が断然きれいです。