羊毛は、防音性に吸音性優れ、室内の反響音や屋外の騒音を抑える働きがあります。2階や3階の床衝撃音を抑えるために床に羊毛を使うというのも効果的な方法です。一流ホテルのロビーの空間が静かで話がしやすいのは、カーペットやカーテンに吸音効果のあるウール製品が多く使用されているからなのです。

静けさは、人の脳や体に不自然な和音を解消するという研究が進んでいます。ストレスが軽減され身体によい影響があるということです。mayaの家では、音楽ホールや楽器などにも使われる響きが良い無垢の木が主で羊毛断熱材を使用しています。一般的な空間のつくりに比べると日常音の音の転がり方が違いがあり、やわらかく感じることができます。体鳴楽器の木琴を思い浮かべてください。あの音色に近いものがあるので騒音にならない音が脳によい影響を与えます。TSURUSAKIの建築mayaの家デザインは、アーキテクトにこそ必要とされる見えない音にも配慮されたデザイン設計です。この違いは、mayaの家でぜひ耳を澄ませて感じてみてください。 

 

50 years of maya

優れた防音性
​羊毛断熱材の特徴6

​暑い寒いは、日本の家に原因

​Electric bill

​音がストレスになる家

mayaの羊毛断熱材

電気代が高くなる家

​気がつかない住み心地の悪さ

​健康に害を及ぼす家

​断熱材ってどんなもの

​病んでる家